募集中

ノウフクって?農業×福祉を体験しよう!

2024年度 第1期 2024年度

 活動プログラム情報

プログラム名
ノウフクって?農業×福祉を体験しよう!
カテゴリー
福祉
目的
農業と福祉が連携することで新たな広がりを生み出すのが農福連携です。障害のある方と一緒に農業体験をしながら、私たち一人一人がどのような取り組みをしていくことができるのか。様々な視点から考えるキッカケを得ることができます。
内容
green BASISの人たち(障害のある方たちとその支援者)と一緒に農作業にでかけ、一緒に農作業をします。難しいことはほとんどなく、皆からやり方を教わってすぐに取り組めること作業が主です。
活動日・時間
主な活動時間は平日(月~金の祝日含む)の日中です。
7~12月は生産した野菜を地域で販売するイベントに参加します。
活動場所
須坂市大字須坂1490-2 green BASIS(グリーンベイシス)
交通手段:須坂駅から徒歩18分
受入人数
5人(1日あたりの受け入れ人数2人)
持ち物
A:タオル、帽子、汚れても良い服装や着替え、飲み物、昼食
B:長靴、軍手、カッパ
Aの持ち物はそれぞれご準備お願いします。Bの持ち物はご準備いただけると助かりますが、事業所で貸し出しも可能です。
交通費・送迎
送迎あり (須坂駅 ⇔ green BASISや作業場所は車で送迎)
昼食
各自持参
メッセージ
農業は大変です。ですが、それが私たちの暮らしに欠かせないことであることや自然の豊かさを知ることができます。障害のある方が生き生きと働く姿を知ることもできます。何より、皆で一緒に汗水ながすことで得られる体験は貴重です。ノウフクのやりがいを知ってもらえると嬉しいです。
農業、障害福祉どちらかでも興味がある方、一緒に活動をしましょう。ぜひ、体験に来てください!
受付締切日
とくになし

 年間計画

5月
ノウフク体験
6月
ノウフク体験
7月
ノウフク体験
8月
ノウフク体験
9月
ノウフク体験
10月
ノウフク体験
11月
ノウフク体験
12月
ノウフク体験
1月
ノウフク体験
2月
ノウフク体験
備考

農福連携を主体とした事業所『green BASIS』にてその体験を常時受け入れが可能です。

平日(月~金の祝日含む)の日中が主な活動日・時間です

7~12月は生産した野菜を地域で販売するイベントに参加するほか、調理活動等も予定しています。受け入れ時期があえばこれらのイベントにもぜひ参加していただきたいです。

 活動と関連するSDGs

   

 団体情報

団体名
特定非営利活動法人 信州能力開発ネットワーク
団体所在地
〒382-0075
須坂市大字須坂1230-43
須坂ハイランド111
団体ミッション
人を育み世界をつくる
団体の活動内容
〇障がい福祉サービス
・就労継続支援A型(BASIS Biz)  ・就労継続支援B型・自立訓練(green BASIS)
・グループホーム(ベイシスホーム須坂) ・相談支援事業(ベイシス相談支援センター)

〇就労支援による作業受託(BASIS Bizもしくはgreen BASISにて実施)
地域の企業から・・・資源ごみ分別、草刈り、土砂回収、ごみ収集助手、データ入力、軽作業
農業法人・農家から・・・野菜や果物等の生産補助  個人の方から・・・草刈り、不用品片付け

〇独自事業による生産活動
2023年春、須坂市豊丘町で畑を借りて野菜づくりを始めました。畑の名前はBASIS FARM(ベイシスファーム)といいます。外部からの依頼による仕事だけでなく、自ら仕事を作り出すことでより多くの人が働ける機会を作ることや、有休農地の再活用を通して地域振興につながることを目指します。また、高山村でも小さな畑を借りていて、そこではワイン用ぶどうの生産をしています。2024年3月には焼き菓子店『JULIAN』もオープン。菓子製造や接客販売の仕事も障害のある方たちに提案できるようになりました。
障がいのある方がこれらの仕事を遂行することで一人一人の働く力を高めるとともに、地域社会の一員として必要な役割を担い、社会を支えていく力となることを目的に活動しています。